Merz.b schwanen



【Merz.b schwanen】(メルツ・ベー・シュヴァーネン)
1836年にドイツ南西部のシュヴァビアン・アルプに丸編機が持ち込まれ、当時一般的であったリネンのアンダーウェアよりも着心地の良いコットン商品を生産しました。Balthasar Merzの子孫が現在のデザイナーであるPeter Plotnickiに一族の伝統と歴史を引き継ぐためにブランドネームを使用することを許可しました。

彼の作るコレクションは1920〜40年代の職人の衣服よりインスパイアされています。ヨーロピアンビンテージカットソーウェアをそのままの手法にて現在に再現する、ベルリン発のアンダーウェアメーカー「Merz b.Schwanen」。

Merz b. Schwanenの最も特徴的なポイントは、丸編機を使用することで実現できるシームレス構造(サイドシームのない丸胴)と、不規則な編みパターン、そしてネームやボックス等に至る全てをベルリン生産にこだわり生産されています。全ての衣服は主にピュアコットンから作られ、またコットンウールやコットンレーヨンミックスなどのオリジナル生地豊富です。


おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

6商品中 1〜6商品