松右衛門帆




『松右衛門帆』
江戸時代後期に播州高砂(現在の兵庫県高砂市)の*工楽松右衛門が作り上げた、現存する最古であり、日本の海運業を飛躍的に発展させた原点となる帆布。
一般的な細い糸を何本か撚り合わせ平織した帆布とは異なる、縦横2本引き揃えの織組織、素材である極太の糸から織り方まで、当時のまま忠実に再現されています。

*【工楽松右衛門】
寛保3年(1743年)に播磨国高砂(現兵庫県高砂市)に生まれた帆布製造の始祖。
幼少より漁労に従事していたが、物作りや発明の才能にも恵まれ「松右衛門帆」をはじめ築港工事など全国各地で様々な功績を積上げ、幕府より「工事を楽しむ」「工夫を楽しむ」という意から「工楽」の姓を賜った偉人。



おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

3商品中 1〜3商品